スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラ夫とお出掛け

今日はモラ夫がお休みでした。

気分屋のモラ夫は今朝いきなり、ビール工場見学に行きたいと言いだし、
本日は急遽、私はそれに付き合わされました。


私の日常はいつもモラ夫に振り回されっぱなしです…。


ビール工場見学はビール工場スタッフが工場内を案内し、
ビールの製造工程を丁寧に解説してくれます。

製造工程見学後は、工場できたてのビールやソフトドリンクなどが試飲できます。
しかも参加費は無料なので、呑兵衛のモラ夫はこのビール工場見学がとても大好きなのです。


今日、見学に行った工場の施設内はバリアフリーで、
また車椅子対応のエスカレーターもあり、
身体障害者の方も一緒に見学できるようになっていました。


それを見たモラ夫が一言。

「ここはコロコロでも見学が出来るようになってるなww」

うちのモラ夫は車椅子に乗った身障者の事をいつも『コロコロ』と言います。
本当に人を侮蔑するような酷い言葉です。


うちのモラ夫はいつも人を見下したような言葉を吐いたり、
人を小馬鹿にしたりするような言葉を言うのが大好きです。


モラ夫曰く、

「相手の嫌がるような言葉をわざと言って、
相手がどんな反応をするか、それを見るのが楽しみ」


なんだそうです。

本当に歪んだ異常な性格です…。

モラ夫のこのような言動はモラ夫の母親の影響が大きいと私はいつも思っています。

【モラハラ夫の人格形勢について①】参照


私はいつもその言葉を聞くと、気分が悪いので、

「そんな汚い言葉を言わないでよ。気分が悪くなる」

と注意するのですが、うちのモラ夫には馬耳東風です。


それでも工場見学中は他人の目がありますので、
外面のいいモラ夫はいい人ぶって、大人しく見学しています。


うちのモラ夫が無料のビール、しかも工場できたてのビールを飲みたいがために、
ビール工場見学には二人で何度も訪れています。

ですから、ビールの製造工程を見学していても、もう見飽きてしまって、
私はとても退屈ですが、モラ夫の我儘に付き合っていました。


ようやく工場見学が終わり、ビールを試飲する会場に着きました。
工場できたてのビールやソフトドリンクなどが1人3杯まで試飲できます。
ナッツなどのちょっとしたおつまみも付いてくるから、とても親切です。


下戸の私はソフトドリンクを飲みたかったのですが、
モラ夫は私の3杯の試飲分は全てビールでもらうように強要しました。
私の分のビールも全てモラ夫が飲むからです。
ですから、モラ夫は1人で6杯分のビールを試飲したのです。


最後の1杯はせめてソフトドリンクを飲みたいと私はモラ夫に訴えたのですが、
モラ夫はそんなのどこ吹く風です。


結局、合計6杯分の試飲を飲み終えたモラ夫は私に向かって、

「アリスもソフトドリンクをもらってくればww」

と言うので、私はまた気分が悪くなりました。


1人3杯までの試飲と決められているのに、
これで私がソフトドリンクを貰いに行ったら試飲が4杯目になりますので、
相手から不審がられてしまいます。


それに同じテーブルについている人達の目もあります。
ただでさえ、私が貰ってきたビールをそのままモラ夫に渡しているのに、
ビールを飲んで、ほろ酔い気味のモラ夫はそんなの気にもしません。


「いいから、アリスも飲みたい物を貰ってこいよw
大丈夫だから行って来いよww」


と、モラ夫が言うので、私はムッときました。

『あんたが私が飲みたい物を飲ませなかったクセに(怒)』
と、私はモラ夫のこの言い草に腹が立ったのです(怒)

ですから私は、
「別に飲みたくもないからいい。いらないからいいよ」
と、怒気を含めて言いました。


「えっ!? 何? もしかして怒っているの?」とモラ夫は言ってきましたが、

ここで口答えすると、人の目もあるので、
「別に怒っていないよ~」と言いながらも、
心の中では『当たり前でしょ。バッカじゃないの!』と、
私は毒づいてやりました(苦笑)


工場見学も何とか終わり、帰りの無料シャトルバスは私達二人だけでした。
行きのシャトルバスも私達だけでしたが、
終点の最寄駅のシャトルバス乗り場に着くと、すごい行列が出来ていました。
30人以上は並んでいたと思います。


それを見て、モラ夫は、

「ほら、俺の読みが当たったね。やっぱ俺ってスゴイと思わない。こんな人数で見学なんてしたくないよなw」

と自画自賛です。

まあ、私達が見学に行った時間帯がお昼時でしたので、確かにすいていました。
でも、すいていたのはたまたまなのに、
どうしてうちのモラ夫はこうも自信過剰なのでしょうか。


シャトルバスから降りたモラ夫はちょっとした広場にあるトイレに直行しました。
その途中にはたくさんの鳩が集まっていました。

そうしたら、モラ夫は、

「オラオラオラ。殺されたいのかオメエラww 喰っちまうぞwww」

と、鳩を蹴散らすように歩いて行くので、私はまたイヤな気分になりました。


そして、トイレを終えたモラ夫はがに股で肩を怒らしながら、
駅に向かって、スタスタと歩き始めました。
傍目から見ると、ちょっと近寄りづらいいかつい感じのチンピラです…。


モラ夫の歩くペースが速く、私はモラ夫に数歩遅れて行きました。
すると突然、後ろをクルッと振り返ったモラ夫は、

「何で俺の歩くペースに合わせる事をしないんだ!
そんなに俺と一緒に歩くのがイヤなのか!
何で俺の気分を悪くさせるような事をするんだ!
そんな事をして、何が楽しいんだ!!
せっかくの俺の休みを台無しにしたいのか!!」


と恫喝してくるのです!


うちのモラ夫は機嫌がいい時は「一緒に手を繋いで歩こうよ~」と、
甘えたような声で言ってくるクセに、

ふとした事から機嫌が悪くなると、
「妻は夫から3歩下がって歩くもんだ!」

荷物を全部私に持たせていて、自分は手ぶらのクセに、私の歩調が遅いと、
「俺のペースに合わせられないのか!そんなに俺と一緒に歩くのがイヤなのか!」

と、気分次第で言う事がコロコロ変わりますので、本当にもう理不尽極まりません(怒)

【チャーミーグリーンのCM】参照


「俺をこんな気分にさせやがって。えっ!謝れよ!
ごめんなさいと言え」


と、またもやモラ夫が煩くがなり立ててきましたので、
私は仕方なく形だけ、
「モラ君。ごめんなさい」
と言ってやりました。

もちろん腹の底ではモラ夫への怒りで煮えたぎっています。


そして、モラ夫はある競輪場で大きな大会がやっているからと、
その競輪場へと向かいました。


私はもちろん興味が全くありませんので、ここからはモラ夫とは別行動です。
それで好きな雑貨屋巡りをして、少しは気晴らしをする事が出来ました。


そして、今日のこの出来事(日付け的には昨日の事ですが)をこのブログに書いて、
ストレスを発散しています。
モラ夫との日々の生活はストレス満載の生活です。

こんな生活が一生続くのかと思うと、本当に鬱になります。
普通の生活がしたいです…。
それでも、明日も何とか頑張っていきたいと思います。


それでは、本日もここまで拙い文章をお読みくださった方、
本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。


さあ、明日晴れるかな!



ランキング参加しています
ポチッ!と応援してもらえると元気が出ます!
にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

スポンサーサイト

テーマ : 暴力・DV・ドメステックバイオレンス
ジャンル : 結婚・家庭生活

モラ夫のいたずら

一昨日の昼間、火傷をしました…(泣)

大きなマグカップになみなみと注いだカフェオレを誤ってこぼしてしまい、
それが私のお腹から腰にかけて、大量に掛かってしまったからです。

しかも、まだ淹れたてのアツアツの状態でしたので、
皮膚がめくれ、大きな水ぶくれが出来てしまいました…。


しかし、この火傷をした原因はモラ夫が私にイタズラをしたからです。
本当に腹立たしいかぎりです(怒)


この日、会社が休みのモラ夫と二人、こたつでまったりとしていたのですが、
いきなり立ち上がったモラ夫は、
「これからシャワーを浴びてくる」と言い、その場でパンツのみを脱ぎました。

まるで小さい子どもがするような行為です。


それから、モラ夫は自分のパンツの黄色く染みになった部分に鼻を近づけ、
クンクンと犬のように臭いを嗅ぎはじめました。

(うちのモラ夫は犬のように色んな物の臭いを嗅ぐ癖があります…。
傍から見ると変態そのものです…汗)

それを見て、私は「汚いからそんな事やめて」と注意しました。

モラ夫はピタっとその行為を止めたので、そのまま風呂場に行くのだろうと思い、
私はパソコンの方に向き直りました。


そうしたら突然、モラ夫は背後から、私の頭にいきなり布みたいな物を被せてきたのです(!)


私はてっきりモラ夫がたった今脱いだばかりのパンツを被せてきたと
思い、慌てふためきました。


私の頭にそれをすっぽりと被せてきたので、私は目隠しの状態です。

ですから周囲が見えず、必死にパンツを外そうともがいていたら、
こたつの上に置いといた淹れたてのカフェオレに私の手が当たりました。


アツアツのカフェオレが私の身体に大量に降りかかってしまい、それのあまりの熱さに私はビックリし、更に混乱したところで、モラ夫はサッと私の頭に被せていた布を外しました。


見てみると、私の頭に被せていたのはパンツではなく、モラ夫のTシャツでした…。

しかも、こぼれたカフェオレは私の身体の他に、パソコンやこたつ、こたつ布団、
こたつ敷布団にも降りかかり、酷い惨状でした…。


私はそれを見て、怒りが湧きました。


∑( ̄皿 ̄;; ムッカーー!!


「何でこんな酷い事をするの!何を考えて、こんな事をするの!」

と、私はモラ夫を責め立てました。


しかし、モラ夫は平然と、

「パンツだと勝手に勘違いしたアリスが悪いんじゃん。
俺が被せたのはTシャツだよ。
それにコップを倒したのはアリスなんだから、
これは俺のせいじゃないよ」


と言うのです(!)


それを聞いて、私はますます頭にきました。


怒りゲージ MIN ■■■■■■■■■■ MAX ヾ(`Д´)ノ" ムッキーー!!


「だって、パンツを脱いだ直後に頭に布を被せられたら、
普通はそれがパンツだと思うでしょ!
しかも背後からいきなりやって、本当に信じられない!
それにモラ君が私の頭にそれを被せなければ、コップを倒す事がなかったんだから!
本当に人を馬鹿にするのも大概にしてよ!ふざけているんじゃないよ!!」

と、私はキレてしまいました。


しかし、モラ夫は、

「でも、アリスはパソコンの画面を見ていたんだからさ、
俺が後ろからやったから分からないと言っても、
パソコンの画面に俺の姿が映っていたんじゃないの?
だったら、それを見ていないアリスが悪いよw」

と、しれっと言うのです(!)

本当にああ言えばこう言うの屁理屈男です。


うちのモラ夫は自分に非があっても、それを決して認めようとはしません。
そして謝る事もしません。


いつだって、うちのモラ夫は、

「俺はちっとも悪くない。俺にそうさせたアリスが悪い。
俺にこう言わせたアリスが悪い」


と、人に責任転嫁をしてくるのです(怒)

本当に超自己中心的な自己愛性人格障害の人間です。


「俺はただアリスとじゃれたかっただけなんだから、
そんなに怒らないで許してよ~」


と、モラ夫は言うのですが、それにしてはタチの悪いイタズラです(怒)


私は火傷したところがヒリヒリ、じくじくとして痛み、
それを我慢しながら、こたつ布団やこたつ敷布団を取り外し、洗濯をしていたら、
何だか自分自身が情けなくなってきて、止めどなく涙が溢れ出てしまいました。


普通の家庭では考えられないような行為です。

何でこんな情けない思いをしなきゃいけないんだろうと、
何だか悲しくなってしまいました。

本当に心身共に疲れて果ててしまいます。


ですが、この事もしっかり記録しようと思い、この火傷の写真も撮っておきました。

そして今度、モラ夫の実家のモラハラ家に行った時にこの事件の顛末を話し、
モラ夫にプチ復讐をしようと思っています。

その為に証拠の写真を撮っておいたのです。
これは私の密かな楽しみになりました。
ちょっと意地が悪いですけど、この位は罰は当たらないでしょう(苦笑)


それでは、本日もここまで拙い文章をお読みくださった方、
本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。


さあ、明日晴れるかな!



ランキング参加しています
ポチッ!と応援してもらえると元気が出ます!
にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

テーマ : 暴力・DV・ドメステックバイオレンス
ジャンル : 結婚・家庭生活

モラ夫とクリカン

昨夜は結局、モラ夫オススメのイタリアンレストランには行きませんでした…。

【モラ夫からの怒涛のお願いラッシュ】参照


夕方、会社から帰宅したモラ夫は、

「今日は土砂降りだし、わざわざタクシーに乗ってまで行きたくはない。
だから、今日は行きたがらなかったアリスの勝ちだ」


と言うのです。

あんなに朝から人を不快な気分にさせたクセに、
自分の気分次第で言う事がコロコロと変わり、結局は人を振り回すのです。


しかし、私は何が勝ち負けなのかさっぱり理解出来ないので、

「何が勝ち負けなのか私には分からないんだけど…」

と、モラ夫に尋ねると、

「俺にとっては結果が全てなんだ。
だから、勝つか負けるかのどちらかなんだ。
その過程なんて関係ない。俺には黒か白しかないんだよ!
レストランに行きたかった俺と行きたくなかったアリス。
で、今日はレストランに行くのを止めたから、
結果的にはアリスの勝ちなんだよ!」


と、これまたモラ夫独自の理論を展開してきました。


そして、モラ夫は更に、

「本当は今日、俺はレストランにとても行きたいんだけど、それを自制したんだよw
それって偉くない?俺ってスゴイでしょ。俺を褒めてよw
俺をもっと褒めて褒めて、褒めまくってよww」

と言うのですから、思考回路が小さい子どもと同じです。

ですから、私は形だけ、
「モラ君って、本当にエライのね~」とモラ夫を褒めてあげたのでした(苦笑)


まあ、私からしたら無駄な出費(?)をしなくて済んだので、
結果的には良かったのですけどね…(苦笑)


それで、夜は二人でこたつでまったりとしながら、
TBS系のバラエティ番組「私の何がイケないの?」を見ました。


今回は「ものまね四天王」の1人で「ルパン三世」の声優としても知られる
ものまねタレントのクリカンこと栗田貫一さんと16歳年下の妻で女優の大沢さやかさんの私生活に密着し、栗田貫一さんの超亭主関白ぶりと妻に対しての乱暴な言葉を浴びせるモラハラ行為が放送されていました。


栗田貫一、超亭主関白&モラハラ「殺していい?」離婚には「逆に一人にして」


この番組を見て、うちのモラ夫とクリカンにあまりに類似点が多すぎて、
まさにこれは「モラハラあるある」だと思いながら、私は見ていました。


番組では、クリカン夫婦がショッピングモールに買い物に行くと、
クリカンが妻の大沢さやかさんに対して「早く買えよ!」とイライラしながら冷たく言い放つ様子が映し出されていました。

これはうちのモラ夫と本当にそっくりです。


うちのモラ夫も待つことが出来ない人間なので、いつも人を急かします。
人に物事を考えさせる時間を与えないほど、とても急かすのです。


ですから、モラ夫と二人で買い物に出掛けると、
私はいつも自分のペースで買い物をする事が出来ません(怒)


それで、私は何度もイヤな思いをしました。


新婚当初、二人で家具等を買いに行った時の事です。

私は予め下見をしておいて、
『ずっと使う物だし、これならいいな』と思ったダイニングセット(10万円弱)を
「これにしようと思うんだけど♪」とモラ夫に聞いてみた時、

「高い。お金がもったいない」

などと、モラ夫はケチをつけて、即却下したのです(泣)


私は自分が欲しいと思っていた物が却下されたショックと、
これの他に特に欲しい物なんてないのに、

「他の安いモノにしろ!さっさと早く選べ!」

と、モラ夫に強要され、酷く動揺していたところ、モラ夫に、

「これでいいだろ!これにしろ!これを買え!!」

と、セール品の29,800円のダイニング5点セットを無理やりに買わされたのです(泣)


私はこの事が本当にショックでショックで、
そして、モラ夫の理不尽さに憤り、悔しすぎて、また悲しくて、
『こんな事なら一緒に買い物に来ないで、一人で買いに来れば良かった…』と、
帰りの車中でずっと悔し涙を流していたのを、今でもよく憶えています(怒)


そのダイニングセットを購入してから10数年、
今もそのダイニングセットは我が家にあります…。

しかも、このダイニングテーブルは購入してから暫くすると天板がペリペリと剥がれてきたのです(!)

私にはそれがとても汚らしく、みっともなく思え、
とてもじゃないが友人や知人にはこれは見せられないと思いましたので、
今はその上にテーブルクロスを被せて、それが見えないようにごまかしています(泣)

【安物買いの銭失い】とは、まさにこの事だと、私は思っています。


しかし、自分にはとても寛大なのに、家の中の事に対して、
とてもドケチなモラ夫はこの事に対して何とも思っていないようです。

私は、それが余計に腹が立ちます(怒)


今思い返してみると、新婚当初に借りたテラスハウスの敷金・礼金、前家賃、仲介手数料などの諸費用や、また、家具や日用品などを揃える為の資金は全て私の貯金から出していました。
(引っ越し費用は私の実家のトラックを借りて、自分たちの手でやったので、掛かっていません)

ですから、当時のモラ夫は新生活を始める為の資金を一銭も出していないのです。


それなのに、モラ夫はこの時、

「これから二人で生活していくのに無駄な出費をしたくない」

などと言い放ち、まるで私のお金を自分のお金のように混同していました。


まさに「おまえのモノは俺のモノ。俺のモノは俺のモノ」的な
ジャイアニズムな人間です。

「ジャイアニズム」参照


私はこの(自分にとって)ショッキングな事件があってからは、
極力、モラ夫と一緒に買い物をしないようにしました。

一緒にショッピングモールなどに出掛けても、いつも別行動です。
私は一人で買い物に行き、モラ夫は漫画喫茶などで時間を潰すのです。


モラ夫と二人でこの番組を見ていて、
クリカンのモラハラぶりに私は「これはあるある」と一人で頷いていると、
隣りにいたモラ夫は、

「俺はクリカンの気持ちが分かるな~ww」

と、ヘラッとしながら言いました。

そして、モラ夫は、

「これはすぐに物事を決められない奥さんが悪いんだよ。
クリカンがイライラするのは俺には分かるよw」

と、クリカンを擁護するような事を言うのです。


私はその言葉を聞いて、

『やはり類友には共感を感じるものがあるのだろうか…』

と、つい思ってしまいました…。


更にモラ夫は続けて、

「でも、クリカンってさ、自分の奥さんに対して『オマエ』とか『コレ』って呼んでいるけど、俺はアリスに対して『アリスちゃん』とか『アリス』って、
きちんとアリスの名前を呼んでいるじゃん。
俺はアリスにこんな暴言なんてしないんだし、俺って、クリカンより出来た亭主だと思わないww」

なんて言うのですから、うちのモラ夫はいったいどういう思考回路をしているのでしょうか。


私に対して、普段から酷い暴言や罵声を浴びせ、また人格を否定するような言葉を
平気で言うクセに、本人はその自覚が全くないようです。


まあ、うちのモラ夫は自分に非があっても、何一つ自分は悪くないと思っている
おめでたい人間ですから、こう思うのでしょうね。


今回、番組でのクリカンのモラハラぶりがやらせかどうかは分かりませんが、
精神的DVであるモラハラは社会的にはまだまだ認知度が低いのですから、
テレビや新聞、メディアなどでもっともっと取り上げてほしいと、私は思います。


この「モラハラ」がどんなに深刻なもので、酷いものであるかという現状を
一人でも多くの人に知ってもらいたいと思うからです。


私は自分のストレスを発散する事と、モラ夫のモラハラぶりを記録する為に
このブログを始めました。


このブログを通して「モラハラ」を知らない人達に、
「モラハラ」がどういうものか、少しでも知ってもらえれば幸いです。

微力で亀更新ではありますが、今後も頑張って発信し続けていきたいと思います。


それでは、本日もここまで拙い文章をお読みくださった方、
本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。


さあ、明日晴れるかな!



ランキング参加しています
ポチッ!と応援してもらえると元気が出ます!
にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

テーマ : 暴力・DV・ドメステックバイオレンス
ジャンル : 結婚・家庭生活

モラ夫からの怒涛のお願いラッシュ

最近、すっかり亀更新になってしまいまして、申し訳ございません。m(_ _)m


モラ夫からの度重なるモラハラ攻撃で、最近ブログを更新する気力が湧きません(汗)

ちょこちょこと続き物とかの下書きをしているのですが、
何だか心身共にくたびれたような感じで、何をするにしても億劫な感じなのです。
大変申し訳ないです…(泣)


最近、鬱々としている事が多いので心療内科の門を叩こうかと思ったりはするのですが、敷居が高く感じられ、また行ったら行ったで、モラ夫に何言われるかと思うと、なかなか行く勇気が湧いてこないのです。


ですから、このブログで日々のストレスを吐き出させて下さい。
本当にどうもすみません。


今朝の事ですが、モラ夫から怒涛のお願いラッシュをされました。

普段からお世話になっているOさんにこれ↓を送ってほしい。



更に、仕事を頑張っている自分にご褒美をあげたいので、これ↓を注文してほしい。




そして更に職場に差し入れしたいのと、他にもお世話になっているSさんにこれ↓を渡したいから、各1個ずつ注文しておいて、とお願いされました。



そしてそして更に、明日からの仕事を頑張る為に、今夜、
とあるイタリアンレストランでディナーをしたいとお願いされました。


そこはイタリア・フィレンツェで修業したシェフが腕をふるう、
最近オープンしたばかりの本格的なイタリアンレストランです。


オープン当初に、このイタリアンレストランにはモラ夫と一緒に訪れました。
とてもお洒落な店で、どの料理もとても美味しく、
『また来たいな…』と思うような素敵なレストランなのですが、
この時のモラ夫はお高い料理をポンポンと注文し、
また一人でワインをガバガバと飲み続け、ボトルを2本空けてしまいました。


ですから、この時の食事代がン万円と、とても高くついたので、
緊縮財政の我が家にとっては痛い出費でした…。

先週もモラ夫の提案で築地直送の新鮮な鮮魚を味わえるという、都心のある食堂まで出向いて、外食をしたばかりなのに、

「今夜はこのイタリアンレストランに行くと決めていた」
と、今朝、モラ夫はこう宣言するのです。

家計を顧みないモラ夫は外食がとても大好きです(怒)
本当に疲れる性格です…。


しかも、今夜の天気予報は土砂降りになっていたので、
『こんな日にわざわざ…』と私は思ってしまったのが、顔に出てしまったようです。

それで突如、モラ夫のモラハラスイッチがONになりました。


「なんで、アリスはいつもそんなにイヤそうな顔をすぐにするんだ!
俺は毎日毎日したくもない仕事をして、アリスの為に稼いできてやっているんだぞ!
俺を労わるという気持ちはないのか!
それに最近、アリスが実家に帰るのも気持ちよく送り出して、
文句の一つも言ってないだろ!
アリスのお願いを俺は聞いてやっているんだぞ!
俺のお願いする事を一つも聞けないのか!
アリスが今働いていないで、家にいる事にも文句を言っていないだろ!
それだったら、色々と言ってやるからな!」


私はモラ夫からのこのマシンガントークを聞いているだけで、
何だか疲れ果ててしまいました…。

モラ夫はしょっちゅう私に対して、文句どころか暴言や罵声を浴びせるクセに、
そんな事は毛頭ないようです。


私はモラ夫に抵抗する気力もなく、
「じゃあ、分かった。今日は楽しく一緒に行こうね♪」
としか言えませんでした。


そうしたら、モラ夫はコロッと態度が変わり、
「それならいいんだ。俺だって、今日の夜、雨だったら別に行かないんだからw」
と言うので、

「今夜は土砂降りだって天気予報で言っていたのに、それでも行くの?と、
私は思っていたのよ…」

と、私が言うと、またモラ夫の態度が急変しました。


「ほうら、それが俺にとって余計な一言なんだ!
俺をわざわざ怒らせたくて、そんな事を言うのか!」


と言うのです(!)


「雨が降っていたら、別にタクシーで行けばいいだろ!」

と、捨て台詞を吐いて、モラ夫は出勤していきました。

さっきは「雨だったら、別に行かない」と言っていたクセに、
うちのモラ夫はとにかく言う事がコロコロ変わるのです。
本当に人間変わり玉です。


私はモラ夫に対して『本当に何を言えばいいの!?』って、思ってしまいます。

何を言うにしても、モラ夫の顔色を伺って、言葉のひとつひとつを選び、
自分の言いたい事も言えず、
夫婦としての普通の会話が成り立たないモラ夫との生活に心底疲れてしまいます。


モラ夫が出勤した後、私はお願いされた品物は早速、楽天市場で注文しました。

とにかく、うちのモラ夫は「言った事は即やれ!」と言う主義なので、
すぐにやっておかないと煩くてかなわないからです。


また、今夜のイタリアンレストランもどうなることやら…です。
手持ちのお金もないので、これから銀行まで行って、お金を下ろしに行かなければいけません。
いったい幾ら掛かるか分かりませんので…(汗)


どんなに美味しい食事でも、こんな思いをしてまで行ったら、
美味しい物も美味しく感じる事は出来ないと思うのですが、
何故、うちのモラ夫は相手を思い遣る事がないのでしょうか。

私はモラ夫の精神構造を理解する事が全く出来ません。


ですが、明日も何とか頑張っていきたいと思います。


それでは、本日もここまで拙い文章をお読みくださった方、
本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。


さあ、明日晴れるかな!


ランキング参加しています
ポチッ!と応援してもらえると元気が出ます!
にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

テーマ : 暴力・DV・ドメステックバイオレンス
ジャンル : 結婚・家庭生活

お久しぶりです。そして申し訳ございません(汗)

最近、モラ夫からのモラハラ攻撃の頻度が増してきて、心身共にまいっていました。

2月に弟夫婦のところと妹夫婦のところで立て続けに出産があり、
それで何かと理由をつけ、実家に避難、いやもとい帰省していました。

ですから、このブログもすっかり放置気味になっていました。
本当に申し訳ございません。


それにしても、うちのモラ夫の言葉の暴力は本当に酷いものです。
言った本人はケロッとしていますが、
言われた方はその言葉でどんなに苦しむのか、まるで分かっていないようです。


モラ夫の人格形成について、義母の影響が大きいと私は思っています。
うちのモラ夫は以前に私にこう言いました。


「俺は小さい頃からオカンにはいつも、

『人とは違う意見を言え』
『とにかく何でもいいから意見の言える人間になれ』

って言われて育ったんだ。

それで、人とは違う事と言ったら、どういう事かと考えた。

そうしたら、人の嫌がる事を言えばいいと考えた。
普通の人だと考える事がないからだ。

だから、いつもどうやったら、相手の精神にダメージを与えられるかを考え、
それを言うようになったんだ。

俺は相手の嫌がるような言葉で攻撃して、ダメージを与え、
それでそいつがどんな顔をするか見るのが楽しみなんだよ!」


「モラハラ夫の人格形成について①」参照


それを聞いた時、私は自分の耳を疑い、
何て恐ろしい事を考える人間なんだと、空恐ろしくなったものです。


うちのモラ夫は何かにつけ、

「うちのオカンはこう言っていた。うちのオカンはこうしていた。
うちのオカンはオカンは…」


と言います。

モラ夫自身は自分はマザコンだと言ってはばからないですが、
それを聞かされる私はうんざりです。


ですから、モラ夫の人格形成に多大な影響を与えた、
今は亡き義母に私は嫌悪感を抱くようになりました。


「もし将来、モラ君と添い遂げても、私はモラハラ家のお墓には入らない」

と、私はモラ夫には宣言してあります。


私はモラ夫と結婚した際に、仕方なくモラハラに改姓しただけで、
夫婦別姓が日本の法律で認められているのなら、改姓などしませんでした。
それに他人である義母と一緒のお墓に入るなんて、まっぴらごめんです。


モラ夫には私が生まれ育った地の海に散骨してほしいとお願いはしていますが、
実際、どうなるか分かったものではありません。
しかし、モラ夫にはとにかくそのように宣言はしてあります(苦笑)


それにしても、うちのモラ夫は本当に歪んだ天邪鬼な性格だと思います。
二人でテレビを見ていても、テレビの出演者などを小馬鹿にしたり、
人をけなしたりするような言葉をいつもピーチクパーチクと一人で喋っています。


私はその言葉を横で聞かされ、気分が良くないので、

「人を不快にさせるような事を言わないで」

と、モラ夫にお願いしたのですが、当のモラ夫は、

「俺はテレビと会話しているのであって、アリスと会話をしているわけでない。
アリスは関係ないんだから、俺にいちいち指図するな!」


と、何処吹く風で、本当に疲れる性格です…。


また先月、私は実家にちょこちょこと帰省していましたが、モラ夫本人は、

「たまには実家でゆっくりと過ごして、のんびりとしてきなよ~」

等と、表向き快く私を送り出してくれるのですが、


しかし、私が実家から帰省すると、

「アリスは今、実家にちょくちょくと帰省しているけど、
アリスは有栖野家の人間じゃなくて、今はモラハラ家の人間なんだぞ。

もし今後、アリスの両親が倒れて、介護が必要な状態になっても、
有栖野家には長男がいるのだから、俺は絶対にアリスを帰省させないからな!
アリスが行くと言っても、俺はNOだから、今から覚悟しとけよ!」


と、恫喝してくるのです…(泣)


確かに実家には私の弟である長男がいますが、結婚はしていません。
それに両親の介護は実子がそれぞれにするものです。


それでいて、うちのモラ夫は、

「将来、うちのオトンがもし同居したら、
アリスにはオトンの介護をしてもらうからねww」


と言うのですから、冗談じゃありません(怒)


『人を馬鹿にするのも大概にしろ』と、私は心の中で憤慨しています。


そして、つい先日も、モラ夫はこう言いました。

「アリスは子どもを欲しがっているようだけど、
アリス一人では子どもは作れないんだからな。

夫である俺の協力がないと子どもは出来ない事を分かっているのか。
でも、俺は協力なんてしないねww

アリスの両親が俺に対しての非礼を詫びないかぎり、俺はこうして、
アリスの両親に罰を与えてやっているんだからなwww」



うちの両親とモラ夫の仲はよくありません。
詳しい事情は書くことは出来ませんが、
モラ夫の普通でない言動に、私の両親も振り回されたりしてきました。

むしろ非礼を詫びるのはモラ夫の方なのに、
ですが、モラ夫は自分の言動を振り返る事や反省する事はありません。


私はこの言葉を聞いて、モラ夫に対しての嫌悪感が更に増し、
それがずっと頭の中をグルグルと廻り続けていたので、
ちょっと心身をおかしくしてしまいました。


なにしろ、うちのモラ夫は、

「自分は天才で且つ神であり、世界は自分中心で廻っている」

と、いつも放言しているのですから、
いったいどういう思考回路をしているのだろうと思ってしまいます。


それでも『この性格が少しは改善してくれれば…』という儚い希望を抱いてしまう
自分がいるのですから、本当に困ったものです。


もし将来、モラ夫と離婚するにしても、一筋縄ではいくような相手ではないので、
やはり普段のモラ夫の言動をこのブログに綴ったり、
ICレコーダーを購入して、暴言を録音したりして、
自分なりにモラ夫に抵抗するために水面下で動いていこうと思います。


この度は長らく、ブログを放置してしまい、本当に申し訳ありません。
何とか頑張って、時間のある時に更新していきたいと思います。

それでは、本日もここまで拙い文章をお読みくださった方、
本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。


さあ、明日晴れるかな!


ランキング参加しています
ポチッ!と応援してもらえると元気が出ます!
にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

テーマ : 暴力・DV・ドメステックバイオレンス
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

有栖野アリス

Author:有栖野アリス
結婚して10数年。子なし、
アラフォーの専業主婦です。

白馬の王子様だと思った夫が実はモラハラ国の王様でした。

幸せな結婚生活を夢見ていたのに、いつの間にか奇妙な異常な世界に迷い込んでいたようです。

長年、夫のモラハラワールドを彷徨い、自分の心を失いかけていましたが、しかし或る日、ネットでモラハラの事を知り、自分が夫から精神的DV・モラハラを受けていたとわかり、愕然としました。
そして目を覚ましました。

将来の事を見据え、モラハラ夫とのモラハラワールドを記録し、回顧し、そして日々の徒然を綴っていきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
281位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
グーバーウォーク
お小遣い稼ぎ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
参加しています!
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
お気に入り

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
広告
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。